ブログで紹介した番組

2014年

9月

11日

【ひと】Vol.23「求められる」ことがうれしい 自閉症のラッパー、GOMESSさん【JAPAN】

ラッパーとしてステージに立つと、スイッチがオンになるのだというGOMESSさん(右)と一般社団法人「Get_in_touch」理事長、東ちづるさん。Low_High_Who?_Productionにて=2014年8月13日(山下元気さん撮影)
ラッパーとしてステージに立つと、スイッチがオンになるのだというGOMESSさん(右)と一般社団法人「Get_in_touch」理事長、東ちづるさん。Low_High_Who?_Productionにて=2014年8月13日(山下元気さん撮影)

日本でも広く知られるようになってきた「自閉スペクトラム症(ASD)」。多数派とは違う認知のメカニズムや特殊な感覚を持つため、コミュニケーションなどにハンディキャップが現れやすいといわれている。7月にデビューしたラッパー、GOMESSさんは、自閉症であることをカミングアウトして活動している。いったいどんな人なんだろう。話が聞きたくて、彼の所属する「Low High Who? Production」を訪ねた。


「GOMESS(ゴメス)」というミュージシャンとしてのネーム。まるで怪獣のようだと思っ ていたら、本当に怪獣の名前が由来だった。彼の父親いわく「長男だから、(怪獣番組の)『ウルトラQ』の第1話に登場する怪獣の名前をつけたかった」。周 囲の猛反対から断念。本名は森翔平。だが父親やその周囲の人はずっと当たり前のように彼を「ゴメス」と呼んでいた。子供の頃から、2つの名前があったそう だ。

続きを読む

2014年

7月

20日

Nordstrom Spotlights Models With Disabilities【USA】

Alex Minsky lost his right leg after his patrol vehicle hit an improvised explosive device while he was serving in Afghanistan. (Nordstrom)
Alex Minsky lost his right leg after his patrol vehicle hit an improvised explosive device while he was serving in Afghanistan. (Nordstrom)

To hype its trendiest looks for fall, Nordstrom is turning to models with various disabilities clad in everything from designer boots to kids’ fashions.Four people with disabilities grace the pages of the upscale department store’s current anniversary sale catalog promoting the retailer’s biggest sale of the year.

 

Among those pictured in the 88-page book are 7-year-old Emilia Taguchi, who has Down syndrome, and Jillian Mercado who models boots while seated in her wheelchair. Alex Minsky, a veteran with a prosthetic leg, is featured sporting Nike running shoes and Shaholly Ayers, who was born without her right arm below the elbow, spotlights a Dooney & Bourke bag.

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

04日

【ひと】In First, Contestant With Special Needs On ‘Wheel Of Fortune’【USA】

There have been many recent tales of “Wheel of Fortune” woe, including the unfortunate “Boozing my shore excursion” lady. And the weirdness of the lucky guess “New baby buggy” guy. But Wednesday, the show had its first inspirational contestant in quite awhile with Trent Girone.

The 21-year-old Peoria, Ariz., resident is a self-described “Wheel of Fortune” fanatic, but more important, he’s the first contestant with special needs ever to compete on the show.

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

29日

【ひと】Ethan's Story- Breaking the Glass Ceiling【USA】

Ethan is a 17 year old nonverbal boy with autism and verbal apraxia. At the age of 10, the "experts" said he would never read, write or do math. His story of success, inspiration and hope will cause you to rethink what you know about non-verbal autism! Today, Ethan is doing advanced math including algebra. His reading comprehension is amazing and he types 65 words a minute independently. Click below to see this fascinating story!

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

28日

【ひと】銀座で自閉症の画家が個展…迷いのない絵に感動と勇気【東京】

太田宏介さん(右)と兄の信介さん。作品はアクリル画「マウンテンゴリラ」=千代田区
太田宏介さん(右)と兄の信介さん。作品はアクリル画「マウンテンゴリラ」=千代田区

自閉症の画家、太田宏介さん(32)=福岡県太宰府市=の個展が28日から、中央区銀座の柴山画廊で開かれる。ゾウやカメ、ゴリラ、花などをポップに描いたアクリル画から水彩画まで40点が並ぶ。宏介さんは、2歳で重度の自閉症と診断された。小学5年のとき、指先の器用さに着目した母親と自宅そばの造形教室を訪問。粘土細工から始め、着色で絵筆に慣れ、描き始めた。

 

15歳の初個展以来、ファンが増え、今月初め、福岡市の福岡アジア美術館で開かれた「自閉の画家 22年の軌跡展」は、2500人が来場する盛況ぶりだった。宏介さんの活動を支える強力な助っ人が兄、信介さん(39)だ。「幼い頃からかわいかった。でも、障害者が家族にいるって友達に言えなかった」と打ち明ける。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

01日

落雷にてんかん、交通事故。脳が受けた激しいダメージでなぜか「天才」になった人々

ジェイソン・パジェットさん
ジェイソン・パジェットさん

赤ちゃんのある日突然の初語、歩行開始に、ヒトの脳が常に刺激を待ち続け、何らかのスイッチが入ると突然のように機能しはじめることを強く感じると いう人は多い。そして世の中には、頭や脳に強いダメージを受けた後になぜか突然IQが高くなった人々の話も。脳の謎は深まるばかりだ。

 

交通事故などで頭を強打し、脳しんとうや脳出血に見舞われた人が、その後になぜか「天才」と呼ばれるようになる。こんな珍現象が世の中には稀に起きている のだ。このほど英紙『デイリー・ミラー』電子版がそんな数人の例を紹介し、話題を呼んでいる。抜粋してお伝えしてみたい。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

18日

【ひと】自閉症と向き合い音紡ぐ 26歳ピアニスト演奏会【東京】

自閉症と向き合いながら、地元への恩返しに取り組むピアニストがいる。高齢者や障害者施設を回って演奏している坂東翔一郎さん(26)。20日には養護老人施設などがある吉祥寺ホーム(武蔵野市吉祥寺北町2丁目)でミニコンサートを開く。

 

自閉症と向き合いながら、地元への恩返しに取り組むピアニストがいる。高齢者や障害者施設を回って演奏している坂東翔一郎さん(26)。20日には養護老人施設などがある吉祥寺ホーム(武蔵野市吉祥寺北町2丁目)でミニコンサートを開く。

続きを読む 1 コメント

2014年

4月

05日

Autistic man’s gift for IKEA assembly turns into business【Toronto Canada】

The next time you are cursing the assembly instructions for an IKEA desk or bookshelf, you will wish you were living in Edmonton.Residents in the Alberta capital can hire Brad Fremmerlid, a 24-year-old man with severe autism who can build anything. Although he doesn’t read or speak, Fremmerlid has an amazing ability to understand the most complex diagrams, blueprints and pictorial instructions. And for a small fee — currently about $20 — he will build any piece of furniture in your home.

続きを読む 0 コメント

2013年

12月

09日

S・ボイルさん、アスペルガー告白=英国の「奇跡の歌姫」【UK】

4年前に英国テレビのオーディション番組で見いだされ、一躍スターの座に駆け上った「奇跡の歌姫」、スーザン・ボイルさん(52)が8日のオブザーバー紙上で、1年前に発達障害の一つであるアスペルガー症候群と診断されたと告白した。
 

ボイルさんは子供の頃、「脳に損傷がある」と言われ、学校で級友から「単純なスージー」とからかわれていた。今、アスペルガー症候群と診断されたことで「どこが悪いのかはっきり分かり、ほっとしている」と話した。
 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

28日

自閉症の荒井さん、仏芸術展で最高賞獲得【岐阜】

フランスでこの秋に開かれた日仏両国の芸術祭「パリ・アートタイル至宝祭」で、各務原市緑苑南、荒井博子さん(43)が書道部門の最高賞の芸術大賞を獲得した。荒井さんは十九日、各務原市役所を訪れ、浅野健司市長に喜びを報告した。

 

作品は「花」。ペンキ用のはけを筆代わりにして富山の五箇山産の手すき和紙に勢いよく書いた。芸術祭では十五センチ四方の陶製タイルに転写されてパリのベルシー地区の美術館で展示され、永久収蔵される。

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

07日

県中学・高校英語弁論大会:僕は「自閉症の僕」と闘い続けます【高知】

「これからも僕は、『自閉症の僕』と闘い続けます」−−。高知西高1年の宇田周平さん(15)=高知市=が4日、市内で行われた県中学・高校英語弁論大会(県教育文化祭運営協議会、土佐教育研究会、県高校教育研究会、毎日新聞高知支局主催)の高校スピーチの部で優勝した。テーマは「ドリーム」。障がいと向き合い「普通の人になりたい」という夢に向かって努力し続けてきた経験や思いを、5分半のスピーチに込めた。宇田さんは、県代表として12月の四国大会(高松市)に臨み、全国大会を目指す。

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

03日

【ひと】Dr. Temple Grandin - The Woman who thinks like a Cow

The amazing story of Dr Temple Grandin's ability to read the animal mind, which has made her the most famous autistic woman on the planet.

 

Dr Temple Grandin has a legendary ability to read the animal mind and understand animal behaviour when no one else can. But this is no feat of telepathy; her explanation is simple. She's convinced she experiences the world much as an animal does and that it's all down to her autistic brain.

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

09日

日本でいちばん大切にしたい会社【神奈川】

従業員約50名のうち、およそ七割が知的障音をもった方々で占められている。
神奈川県川崎市のその会社は、多摩川が近くに流れる、静かな環境のなかにあります。
...この会社こそ、日本でいちばん大切にしたい会社の一つです。
昭和12年(1937)に設立された「日本理化学工業」は、主にダストレスチョーク(粉の飛ばないチョーク)を製造しており、50年ほど前から障害者の雇用を行っています。

そもそものはじまりは、近くにある養護学校の先生の訪問でした。

続きを読む 1 コメント

2013年

4月

30日

【ひと】Young Adults With Autism Can Thrive In High-Tech Jobs【USA】

The job hunt is complicated enough for most high school and college graduates — and even tougher for the growing number of young people on the autism spectrum. Despite the obstacles that people with autism face trying to find work, there's a natural landing place: the tech industry.

 

Amelia Schabel graduated from high school five years ago. She had good grades and enrolled in community college. But it was too stressful. After less than a month she was back at home, doing nothing.

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

26日

【ひと】水彩画:取り組み5年、市美術展ついに栄冠 知的障害ある浅野さんに努力賞、名張で29日まで個展【三重】

知的障害がある浅野幸子さん(40)=名張市桔梗が丘1=は5年前から、水彩画に取り組んでいる。独特の配色や構図のバランスが見る人の心を引きつける。08年から出品し続けている市美術展で、昨年初めて努力賞に選ばれた。指導にあたる石川勉さん=桔梗が丘4=は「上手に描こう、他人に評価してもらおう、という欲がない。無心で描いた作品だからこそ、人の心を打つのでは」と語る。

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

02日

【ひと】Jeremiah Swisher 2---Wins Inaugural Autism Scholarship Through KFM Making A Difference 【USA】

Jeremiah Swisher knew very early on he was different from his peers. Today though, after years of hard work and determination, Jeremiah is the recipient of the inaugural “Making a Difference For Autism Scholarship Program.” A first of its kind scholarship for those with autism funded through KFM Making a Difference.

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

02日

【ひと】Jeremiah Swisher 1---Eagle Scout honor one part of autistic success story【USA】

On the surface, Jeremiah Swisher is your average 22-year-old. He is a Nicolet High School graduate. During the week he attends school at the University of Wisconsin-Whitewater. On the weekends, he returns home to Glendale and works at the local movie theater while balancing his homework so he can double major in business administration and political science.

 

All is not as it seems, however. Day-to-day tasks simple to most can be insurmountable for Jeremiah.

 

続きを読む 0 コメント

2013年

2月

28日

【ひと】Nathan Pustka, Musical Genius! 【テキサス】

Imagine hearing a song and instantly being able to sing and play it on the piano with no experience at all! For 15-year-old Nathan Putska who has autism, it’s a piece of cake! Attending the Brenham State Supportive Living Center, he was directed to the school’s music teacher who heard his ability and described him as “off the charts”!

続きを読む 2 コメント

2013年

2月

26日

【ひと】障害と向き合うバイオリニスト・廣澤さん【大阪】

自閉症と向き合いながらプロのバイオリニストとして活動する男性がいる。大阪市住之江区の廣澤(ひろさわ)大介さん(31)。 「みんなが簡単にできることでも、僕はできない……」。そう悩み続けた少年時代、自らの道を音楽と定め、猛練習を重ねてきた。学校や福祉施設などを回り「聴いてくれる人に希望を届けられたら」との思いをメロディーに乗せる。

続きを読む 0 コメント

2013年

2月

22日

【ひと】絵画作家:自閉症乗り越え 上板の堀川さん、建築物描きプロデビュー【徳島】

自閉症を抱えながら絵を描き続ける上板町神宅の堀川真也さん(19)が、プロの絵画作家として活動を始めた。高層ビルなどの建築物を細部まで丁寧に描き込む独特の作風は各方面から評価が高く、1月に作家になって初の個展も開いた。今年はポストカードなどの販売収益の一部を東日本大震災の被災地に寄付する活動にも力を入れるという

続きを読む 0 コメント

2013年

2月

16日

【ひと】障害者就労サポートプロジェクトからハンドセラピストデビュー【横浜】

知的・精神障害者のための就労サポートプロジェクト「スイミー」のメンバー
知的・精神障害者のための就労サポートプロジェクト「スイミー」のメンバー

横浜市・大倉山で展開している知的・精神障害者のための就労サポートプロジェクト「スイミー」から、知的障害を持つメンバー3人がアロマハンドセラピストとしてデビューした。

 

知的・精神障害者が賃金を得られるよう就労支援を行っている同プロジェクト。2011年9月から東急東横線大倉山駅近くの「社会福祉法人かれんカフェモア」(横浜市港北区大豆戸町3)で週1回、現役セラピストが講師となって、障害者向けにアロマハンドセラピストの養成講座を続けてきた。

続きを読む 0 コメント

2013年

2月

13日

【ひと】Toni Braxton's Autistic Son, Diezel, Stars With Her In New Lifetime Movie 'Twist Of Faith' 【USA】

NEW YORK — Toni Braxton's autistic son makes his acting debut in her new Lifetime movie, "Twist of Faith," and could have had a bigger role, but the singer didn't want to put too much pressure on him.

 

"He was supposed to play my son initially but by the time we worked out the shooting schedule, school had started," Braxton said of 9-year-old Diezel. (She also has an 11-year-old named Denim.)

続きを読む 0 コメント

2013年

1月

31日

【ひと】自閉症のモデルマウスを作製 群馬大助教・定方哲史さん【群馬】

群馬大先端科学研究指導者育成ユニットの定方哲史助教は東京理科大学・古市貞一教授の研究グループと共同で自閉症のモデルマウスを作製した。これまでの経緯や創薬など今後の可能性、研究者としての意気込みなどを聞いた。

続きを読む 2 コメント

2013年

1月

14日

【ひと】Autistic ballerina charms world, inspires other families【Canada】

Clara Bergs may have difficulty with her words and face learning challenges at school, but when she puts on her tutu and twirls around the room, she charms the world.

 

The 10-year-old who has autism and a genetic disorder called DiGeorge syndrome spun into the spotlight after a YouTube video of her dancing along to a 19th-century ballet delighted Internet audiences around the globe.

続きを読む 0 コメント

2012年

12月

26日

【ひと】ニック・ボイジッチ 「腕無し・脚無し・心配なし」そして…「限界無し」

ニック・ボイジッチは 1982年 オーストラリアで生まれました。生まれた時から手足が無く、とてもとても小さい左足だけがありました。成長するにつれしだいにほかの子供とは違う自分の姿に、絶望してしまったそうです。8歳の時、ついに自殺まで考えるようになりました。

『つらくて、孤独で、生きる意味が無かった。
 人生に意味も無く、学校へ行く理由も無かった。』

『僕が大学へ行けるなんて思いもよらなかった。
 目の前は真っ暗で、とてもやるせなかった。』

そんなニックは今、希望にあふれ、世界中を回って

『幸せを伝える専任講師』として活躍しています。

続きを読む 0 コメント

2012年

12月

25日

The Autism Project: Judging a woman by her shoes【Toronto】

It was photographer Lucas Oleniuk who first noticed Pamela Button’s paint-spattered runners. They were like little Jackson Pollocks, mobile symbols of the art that liberated her.

 

One of her cousins wrote to the Star to say that few were allowed into Pam’s world when she was painting. “I would have loved for you to watch her paint, to see the transformation in her,” Leah Anstee said.

“She just bounced on her toes smiling and singing as she painted.”

続きを読む 0 コメント

2012年

12月

12日

障害乗り越え無事故10年 沼津・山本さん、顧客からも信頼【静岡】

知的障害がありながらも運転免許を取得し、トラック運転手になった沼津市植田の山本俊幸さん(36)が10年間、無事故で運送業務を続けている。夢に抱き、苦労の末に就いた職業。取引先からも「丁寧な仕事をしてくれる」と厚い信頼が寄せられている。

続きを読む 0 コメント

2012年

11月

08日

【TV】全米が感動!車イスの弟とトライアスロン参加【USA】

トライアスロンといえば、水泳・自転車・マラソンと立て続けに行わなければいけないハードなスポーツ。米国には、“鉄人レース”とも呼ばれるこの競技に、通常とは異なる形で挑戦し続ける9歳の男の子がいる。彼は、脳性まひで車いす生活を続ける6歳の弟とスポーツをする楽しさを分かち合いたいと、昨年から弟と一緒に各地で開かれるトライアスロン大会に参加。順位に関係なく、2人は兄弟の絆を胸に完走を果たしているそうだ。

続きを読む 0 コメント

2012年

11月

02日

【ひと】難関の農技検定合格で仕事へさらに熱意【青森】

7月に行われた日本農業技術検定3級で、階上町のまき・ストーブ販売業「朝日農林」(月舘淳子社長)に勤める八戸市の石沢祐槻さん(21)と阿部晃平さん(20)が合格を果たした。2人とも知的障害者B級に認定されており、難関とされる同試験に知的障害者が合格するのは、青森県内で初めてという。2人は大きな達成感をかみしめ、仕事への熱意を燃やしている。

 

2012.10.19 デーリー東北新聞社

0 コメント

2012年

10月

30日

【ひと】世界初の偉業を成し遂げた 「片足のレスリング全米チャンピオン、アンソニー・ロブレス」【USA】

アンソニーは、生まれつき片足がありません。母・ジュディは、まだ10代で、アンソニーを身ごもり、シングルマザーとして、障害のある息子を決して甘やかさず、厳しく育てたそうです。時には、取っ組み合いになったことも・・・

 

まだ、幼いころのアンソニーは、走れないことで仲間はずれにされたりしましたが、母親は「諦めるな」と息子を元気づけ、必死で特訓した結果、松葉杖があれば走ることができるようになって、友人もできました。

続きを読む 0 コメント