【BC州バンクーバー周辺情報  Metro Vancouver Info】助成/支援

 

  教育        
  
Education      
Image:by Tulane Public Relations CC BY-SA 2.1 JP
Image:by Tulane Public Relations CC BY-SA 2.1 JP

 

●障害があって、いろいろなハンディはあるけれど、負けずに頑張って、勉強を続けていきたい


●収入が一般家庭の平均より低くて、教育資金を捻出するのが困難だけど、子どもの夢を叶えてあげたい

 

このような状況にいる障害児/者とその家族を対象に、さまざまな学費のサポート制度があります。カナダの学生ローン (Canada Student Loans Program) に申請して、一度受給資格の査定をクリアすると、下記の複数の援助を同時に受取ることも可能。嬉しいことに、奨学金のように、返済の義務がないプログラムもあります。

 

「Northwest Territories・Nunavut・Quebec」州は、独自の制度があるので対象外

 

 

Canada Pension Plan (CPP) Children's Benefits 

                                                   カナダ年金プラン学童給付金   詳細   Government of Canada  

 

「認定された障害を持つ保護者」の「18歳以下の子ども・18~25歳の認定された学校や大学にフルタイムで通学している子ども」が対象。保護者が障害年金受給者であっても、死亡したとしても、一定の条件を満たしていれば、子どもが給付できる可能性があります。給付額は、毎年変動がありますが、どの子どもも月額$230.72(2013年度)。通常、18歳未満の子どもは、保護者が代わりに受取りますが、18歳以上は、成人と見なされるので、子ども本人に支給されます。保護者が死亡している場合は、子どもの法的親権者に。

 

新年度毎(あるいは学期毎)に、学校に出席していることを証明する書類「Declaration of Attendance at School or University (ISP1401)」に学校からの署名をもらい、提出する必要があります。給付金は、通常の学校の休校中であれば継続して支給されますが、自分の意思で学校を長期休む場合は、支給が打ち切られ、復学する際に再度、上記の書類を提出。自動更新されることはありません。

 

 

 

Grant for Students from Low-Income Families

                       低所得世帯の学生助成    ▶詳細  Government of Canada 

 

カナダ学生ローン認定され、「たとえ1ドルであっても経済支援が必至な環境」にあり、「フルタイム

指定された学校に最低2年間(60週間)」通い、「所得基準で低所得にあたる世帯」の学生が対象。

指定校には、公立 & 私立の専門学校・大学・大学院も含まれています。学費・教科書費用として、

固定額の月$250支給。(例:必要額が$1,400と査定された場合、$2,000支給されるので、学生ローンは不要。$3,000と査定された場合、$2,000の支給に加え、$1,000の学生ローンを組むことが必要。)

 

 

Grant for Students from Middle-Income Families

                       中所得世帯の学生助成    ▶詳細  Government of Canada 

 

カナダ学生ローン認定され、「たとえ1ドルであっても経済支援が必至な環境」にあり、「フルタイム

指定された学校に最低2年間(60週間)」通い、「所得基準で中所得にあたる世帯」の学生が対象。

指定校には、公立 & 私立の専門学校・大学・大学院も含まれています。学費・教科書費用として、

固定額の月$100支給。(例:8ヶ月通学する必要額が$600と査定された場合、$800支給される為、学生ローンは不要。$1,500と査定された場合、$800の支給に加え、$700の学生ローンを組むことが必要。)

 

 

Grant for Students with Dependants

                       低所得世帯の学生助成    ▶詳細  Government of Canada 

 

カナダ学生ローン認定され、「たとえ1ドルであっても経済支援が必至な環境」にあり、「フルタイム・パートタイムで指定された学校に最低15週間中、連続で12週間」通い、「所得基準で低所得にあたる世帯」の「12歳以下(認定障害がある場合は12歳以上も可)」の学生が対象。指定校には、公立 & 私立の

専門学校・大学・大学院も含まれています。学費・教科書費用として、固定額の月$200支給。

(例:8ヶ月通学する必要額が$3000と査定された場合、この制度から$1600、別の制度「Grant for Students from Low-Income Families」の$2000と合わせて、$3600が支給。)


 

Grant for Students with Permanent Disabilities  

                                              永続的な障害を持つ学生への助成   詳細  Government of Canada

 

「認定された永続的な障害」を持ち、「たとえ1ドルであっても経済支援が必至な環境」にあり、

「フルタイム・パートタイムで指定された学校に通う」学生が対象。指定校には、公立 & 私立の専門学校・大学・大学院も含まれています。障害の内容や世帯の経済状況を証明する書類を提出。審査に通ると、学年度(8/1~7/31の1年間)毎に、どの学生にも同額で$2,000の給付金が支給。一度支給された給付金は、返金義務はありません。その学生の状況により、他の助成制度との重複申請も可能。

(例:必要費用が$1,400と査定された場合でも、$2,000の給付金が支給され、その代り「学生ローンは不要」と判断されます。)

 


 

Grant for Services and Equipment for Students with Permanent Disabilities

                                  永続的な障害を持つ学生の支援と備品助成     詳細 Government of Canada

 

「認定された永続的な障害」を持ち、「たとえ1ドルであっても経済支援が必至な環境」にあり、

「フルタイム・パートタイム(最低32週間)で指定された学校 に通学」なおかつ、教育に関係した

特別な支援や備品を必要としている学生が対象。指定校には、公立 & 私立の専門学校・大学・大学院も

含まれています。障害の内容や世帯の経済状況を証明する書類、その支援や備品の詳細を記した

(学校関係者などの)資格がある人からの確認書類を提出。審査に通ると、学年度(8/1~7/31の1年間)毎に最高$8,000までの給付金が「家庭教師・記録係・通訳者・点字タイプ援助・その他技術的な支援費用」として支給。一度支給された給付金は、返金義務はありません。その学生の状況により、他の助成

制度との重複申請も可能。

 

 

 

Canada Student Loans Program - Permanent Disability Benefit  

                                永続的な障害を持つ学生の教育資金ローン   詳細   Government of Canada

 

「認定された永続的な障害」を持ち、中等後教育機関に通っているものの、「経済的な理由から学費の

支払いも、ローン資金を返金することも困難」な状況にいる学生が対象。審査に通ると、認定された

範囲内の学費を国が代納してくれます。返金義務はありません。

 

※別の障害者学生ローン「Repayment Assistance Plan for Borrowers with a Permanent Disability

もあります。この制度では、返金義務が完全に免除にはなりませんが、返金額は明白には決まっておらず、あくまでも「出来る範囲で」といった寛大な対応になっています。

 

 

 

Autism Program      自閉症プログラム(国・州ごとの制度) 詳細   Government of Canada

 

医療専門家によるアセスメントにより正式に認定を受けた自閉症児には、治療のためのいろいろな

プログラムが作られています。居住している州によって、助成金の額やサービス内容などは異なっていますが、どこの州も「06歳」と「618歳」で分類されています。自閉症治療には「早期発見・早期治療」が大切とされているため、応用行動分析(ABA=Applied Behavior Analysis)療法に基づき、幼児期に

力を入れた内容になっているのです。詳細は下記で確認。

 

※因みに・・・日本ではこのような制度は (2014年現在では)ないので、 治療に関する費用は全て家族負担になってしまいます。

 

自閉症・発達障害閑連サイト

教育

自閉症協会サイト

Alberta

Education

Autism Society of Alberta

British Columbia

Education

Autism Society of British Columbia

Manitoba

Education

Autism Society of Manitoba

New Brunswick

Education

Autism Society of New Brunswick

Newfoundland/Labrador

Education

Autism Society of Newfoundland/Labrador

Nunavut

Education

Autism Society of Nunavut

Northwest Territories

Education

Autism Society of Northwest Territories

Nova Scotia

Education

Autism Society of Nova Scotia

Ontario

Education

Autism Society of Ontario

Prince Edward Island

Education

Autism Society of Prince Edward Island

Quebec

Education

Autism Society of Quebec

Saskatchewan

Education

Autism Society of Saskatchewan

Yukon

Education

Autism Society of Yukon

 

 

 

Registered Education Saving Plan (RESP) 

                                                                   政府公認学資金積立プラン    ▶詳細   Service Canada

 

義務教育後の進学を考慮して、子どもの学費を貯蓄するための積み立て貯蓄口座。教育支援制度の一環ですが、助成金ではないので、「預貯金 / 年金」のページに記載。

 

 

 

 

Assistance Program for Students with Permanent Disabilities 

                             BC州障害者助成    ▶詳細  StudentAid BC  

 

「認定された永続的な障害」を持ち、「Grant for Services and Equipment for Students with Permanent Disabilities 制度を限度額まで利用」した、「フルタイム・パートタイムで中等教育後の公立 & 私立教育機関に通う」学生が対象。公立学校では,<障害者サービスオフィス>に、私立学校では<StudentAid BC>に連絡して、申請。審査に通ると、教育関連のサポートや設備費用(生活費・学費・教科書代は除く)として、最高年間$10,000(受講プログラムによっては$12,000)まで支給。

 

 

 

BC Supplemental Bursary for Students with Permanent Disabilities 

                          BC州障害者追加奨学金    ▶詳細  StudentAid BC  

 

「認定された永続的な障害」を持ち、「フルタイム・パートタイムで指定された中等教育後の公立教育機関に通学」し、「中等後教育レベルのコースを受講」している学生が対象。新規申請は StudentAid BC に。「Grant for Students (Persons) with Permanent Disabilities 制度の対象者」として認定後、40%以上の単位数履修している場合は$800、20~39%くらいの場合は半額の$400 が支給。

 

 

 

BC Access Grant for Students with Permanent Disabilities 

                         BC州アクセス障害者助成    ▶詳細  StudentAid BC  

 

「Canada Student Loan Programの対象者」で「Canada Student Loan Program によって認定された永続的な障害」を持ち、「フルタイムで指定された中等教育後の教育機関に通学」している学生が対象。新規申請はStudentAid BCに。審査に通ると、Student Loan に代わり、約$1000 の教育資金が支給。

 

 

 

Repayment Assistance Plan for Borrowers with a Permanent Disability 

                         障害者学生ローン返済支援    ▶詳細  StudentAid BC  

 

「月額返済金の減額・返金可能額まで返済義務を緩和」することにより、カナダの学生ローン (Canada Student Loan & BC Student Loan) の借金を管理する「カナダ連邦政府とBC州」の統合された恩給制度。「認定された永続的な障害を持つカナダ居住者」で、「カナダの学生ローンの返済義務がなんらか

の事情で守れない経済状況」にある人が対象。申請方法は、詳細で確認。

 

 

 

Learning Disability Assessment Bursary  

                         学習障害アセスメント費助成    ▶詳細  StudentAid BC  

 

学校の障害閑連サービス担当者から「Learning Disability 学習障害を判定するアセスメント」を勧め

られた生徒への助成制度。「フルタイム・パートタイムで指定された中等教育後の公立教育機関に通学」し、「中等後教育レベルのコースを受講」している「StudentAid BC の学生助成制度に認定された」学生が対象。申請は学校の障害閑連サービス担当窓口に。審査に通ると、アセスメントにかかる費用のため、$1800が支給。正式に障害認定されると、さまざまな助成制度を利用できることになるので、アセスメントは必須。

 

 

 

Image: SET-BC (クリックして拡大)
Image: SET-BC (クリックして拡大)

 

SET-BC

     (Special Education Technology

       British Columbia)

                      詳細  SET-BC Website

 

BC州文部省(Ministry of Education)の制度。主に下記の障害があるために、 学校のカリキュラム参加が著しく制限されている生徒を対象とした支援。

 

  • 自閉症
  • 身体障害(OR 慢性の健康障害)
  • 視覚・聴覚障害
  • 中~重度知的障害

 

具体的には・・・

 

「リーディング・ライティング・コミュニケーション」 をサポートする技術(iPad と アプリ)の貸出しと、「その療育教材を実際にどのように使用していくのか・・・」を生徒本人と教師に教えるトレーニングの提供。


個人で申請することはできず、まずは、学校の先生に相談。「どれほど、我が子にこの支援が必要か!」をアピール。必要性が認められれば、学校側が申請。申請の流れは、画像参考。(クリックで拡大)


ただし、申請すれば、誰でも対象になるわけではなく、申請時の「年間の予算・サポートスタッフの数・地域の合計申請児数」によって判断される。誰の目にも必要としているのが明白である児童であっても、たまたまその地域で申請する他の子どもの数が多いと、 却下されてしまう可能性もある。


一度対象になると、SET-BCが学校のサポートチームと協力して、 生徒の学習目標と現在の支援内容が適合しているのか・・・ を毎年チェックする アフターケアも。 平均で、サポート継続期間5年を過ぎると、 学校側は新しい療育機材やアプリをリクエストして、アップデートするよう。 対象となるのは、義務教育期間の高校卒業時の18歳まで。 申請してから結果が出るまでに、 かなりの時間(6カ月くらい)かかるそうなので、対象となる可能性の高い児童は早めに申込むこと。



【関連/引用/参考サイト】

  ・Government of Canada (CanLearn)

  ・The Canadian Bar Association