【BC州バンクーバー周辺情報  Metro Vancouver Info

 

  教育環境/学級の種類        
  
School Settings      

BC州のMinistry of Education(教育省)は、「障害児のインクルージョン」を次のように定義しています。

 

The principle that all students are entitled to equitable access to learning, achievement and the pursuit of excellence in all aspects of their education. The practice of inclusion is not necessarily synonymous with integration and goes beyond placement to include meaningful participation and the promotion of interaction with others.

 

 

BC州ではさまざまな種類の教育環境があります。

「学区域の視点や地域のサイズ・地域で利用可能な支援・親が望む環境があるか…」などにより、選択が変わってきます。

 

子どもに最適な教育環境の選択をするには、親は、学校初日までのかなり早い段階で、学区のスタッフと話し合いを持つ機会を設け、同意をもらうことです。カナダの裁判所では、この事前のミーティングを子どもにとって重要なことだと協調をしています。 Emily Eatonという生徒のケースでは、親はEmilyを地元の学校に通わせたかったのにもかかわらず、学区の教育委員会がEmilyにとって最適だと決定したのは、「特別支援学校への入学」であったと、カナダ最高裁判所が判決を出しました。 インクルージョンは、障害児の親にとって「哲学的な原則」のようになっていますが、学校に関する法律「School Act」の元では、義務にはなっていないのです。それでも、どんな子どもであっても、まずは、普通学級への配置への可能性が第一の選択として考慮されますが、最終的な配置は、親と子どものサポートチーム、学区のスタッフとの話し合いで決定されます。

 

下記は、障害がある子どもに提供されているBC州の教育環境のタイプです。

 

■Resource Room(特別支援学級)

日本でもお馴染みの「障害を持つ子ども専用のクラス」です。学校や地域のポリシーや活動によって異なってきますが、様々なプログラムが提供されています。子どもによって、フルで特別支援学級に通うスタイルもあれば、普通学級にもできる範囲で部分的に参加する“integrated”スタイルあります。

 

 

Specialized Classroom(専門学級)

全ての学校に設置されているわけではありませんが、特別なタイプの生徒に対応したクラス。例えば、ライフスキルや振舞い、社会性の発達を学ぶクラスなどです。同じような問題を抱えた子どもたちが一緒に学びます。

 

 

Distributed Learning(分散学習)

自宅にいても、学校や他の施設にいても、講師から学ぶことができる遠隔教育“Distributed Learning” は、BC州の地方の生徒だけなく、都心の生徒にも、通常の教室外での学習へのアクセスしやすく、選択肢や柔軟性を与えてくれます。公立・私立の学校の基準に合わせたカリキュラムで、親が手伝い、資格のある教師がプログラムの配信・監督を行います。

 

 

Segregated School(分離学校)

日本の特別支援学校のこと。BC州の殆どの学校は、障害を持つ子どもであっても、できる限り通常学級で学ぶ「インクルージョンが」が主流ですが、障害(特に、発達障害)を持つ子どものみが通う学校がある地域もあります。

 

 

Independent/private School(私立学校)

非営利団体や民間の専門業者が作る10人以上の生徒用プログラムを提供。私立学校は、教育省からの助成金と親から徴収した授業料などで運営されています。

 

 

Homeschooling(ホームスクーリング)

居住区の学校や、フランス語の学校、私立学校に予め登録をします。親は、監督するだけでなく、プログラムのすべての責任を負うことになります。他の教育環境と異なり、州の学校基準を満たす必要はなく、政府専門家にチェックされることもないので、子ども一人一人に合わせた内容を取り入れることが可能です。

 

 

【関連資料】

 ・ACT’s Autism Manual for B.C.

  (Chapter 7--The B.C. Education System – An Introduction for Parents of Students with ASD

 

「学校関係」よくある質問

Q1 お勧めの公立または私立小学校はありますか?

 

 非常に難しく、一概に「この学校!」とは簡単には言いにくいです。日本は「ある程度統一された学校のカラー」というのがあるのかもしれませんが、こちらでは、学校の良し悪しは、「誰が担任になるのか」によって異なってくるからです。校長先生によって、学校のシステムが異なったりすることはありますが、やはり個人主義の社会なので、現場で指導をしている担任の質、人格が第一に生徒の学校生活に影響を与えている感じです。しかし、自閉症児を持つ親御さんや障害者福祉関係のスタッフによると、「リッチモンド」や「スティーブストン」は、比較的自閉症児に対してシステムも教育も整っていると言われています。近いうち、BC州を代表する初の「自閉症センター」が設立されるのもこのリッチモンドです。

 

 

Q2 事前に日本で用意しておくべき書類(日本からの移住の場合)

 

 「学校の手続き」のページの「公立学校の必要書類」の欄をご覧ください。日本の医師からの診断書は、いくら北米基準の診断方法で記載した診断書で、有資格者の英訳をしたとしても、無効になる確率が高いです。こちらの政府は、あくまでもBC州の専門家によるアセスメントを第一に考慮する傾向にあります。管理人の私の場合は、息子の日本での診断書を持参したのですが、「あら、そう」くらいにしか見てくれませんでした。(涙)

 

 

Q3 日本語の療育サポートはありますか?

 

 「日本語ができる補助教員」は、リクエストはしてみてもいいですが、受け入れられない可能性の方が高いです。そもそも「日本語ができる補助教員」がとても少なく、いたとしても、もうすでに担当している子どもがいて手がいっぱいという理由があるからです。また、一人のリクエストを聞いてしまったら、全ての親御さんのリクエストも聞かなければいけなくなってしまうので…というのも理由にあるそうです。英語を母国語としない子ども達(健常児)のESL教育も、政府の予算カットで、かなりクラスが少なくなっているのが現状ですので、結果は厳しいかもしれませんが、こちらではガンガン声を上げないと何もしてくれません。「気を使ってくれる。配慮してくれる。」なんてことは皆無ですので、ダメモトでリクエストをした方がいいと思います。

 

あるいは、「親御さんがご自分で日本人のBehavioral Interventionist(ABA(Applied Behavior Analysis =応用行動分析)に則って、療育する専門家)を雇って、通訳、兼補助員として学校生活のサポートをしてもらう」のも、学校によっては認めてくれるかもしれません。

 

 

Q4 公立学校の場合、学区はどの程度細かく分けられているのでしょうか?

       絶対に学区外の学校には通学できないなどの厳しいルールがありますか?

 

⇒ 基本的には、「どこでもどうぞ」というのではなく、日本と同様「住んでる住所次第で行く学校が半強制的に決められてしまう」感じです。学区内の学校が自動的に一番の候補に上がりますが、もうすでに定員が埋まって空きがない場合や、学区内の学校にそのお子さんの障害レベルに適したプログラムがない場合などの理由から、他の学校を紹介されることもあります。そういったケースでも、できる限り居住地域に近いところから選択されます。

 

●バンクーバーの場合

 ---公立学区地域情報

 ---公立学校情報ストリートの名前を入力すると、自動的に最寄りの学校が得られるページ)

 

●リッチモンドの場合

 ---公立学区地域情報

 ---公立学校情報ストリートの名前を入力すると、自動的に最寄りの学校が得られるページ)

   ※上記の「公立学区地域情報」ページの地図をクリックすると出てきます

 

●他の地域の検索

 ---検索サイトで、(小学校の場合)「elementary school catchment」や

  「elementary school boundaries」といったキーワードの後に、地域を入力し、学区情報を検索。

 

 

Q5 BC州の公立学校における生徒(障害認定を受けた生徒を含む)と保護者の法的な権利は

       どんな感じになっているのでしょうか?

 

 下記のParent-and-Student-Rights-in-the-BC-School-System [PDF]」をご覧ください。

Parent-and-Student-Rights-in-the-BC-School-System-
Parent-and-Student-Rights-in-the-BC-Scho
Adobe Acrobat ドキュメント 144.0 KB