発達障害児/者をもつご家族の・・・

 

  バンクーバー日系サポートグループ【First Step】
        Support Group for Japanese Families with Special Needs

 

 

 

 

First Step は・・・

 

バンクーバー地域の「自閉症や発達障児/者もつご家族」「特殊教育に携わる専門家のみなさん」を応援する 日系のサポートグループです!

 

 

【Mission---ミッション】

 ≪発達障害児/者 & ご家族 & 障害福祉に興味のある人≫ が互いに協力し、全ての人がより快適な生活を送れるようサポート

 同じ状況にいる人達と情報を交換したり、気持ちを分かち合ったりできるネットワークサポート

 バンクーバーにある 英語を基盤とした他の支援団体 では得られない、「日本語」でのサポート

 

 

 

【History---誕生まで】

「自閉症・学習障害・対人コミュニケーション障害」などいろいろな形で現れる発達障害は、今や、北米と日本場所を問わず子ども50~100人に1人の割合で発症すると言われ、年々増加の傾向をたどっています。親御さんへの支援も望まれ、多言語社会のカナダでは、各地域でそれぞれの母国語でのサポートグループが誕生しています。

 

そのような状況の中でも、「日本語」でのサポートは残念ながら殆ど皆無だったのですが、2010年、他の州に先駆けて、BC州「日加ヘルスケア協会」の主催「自閉症とその他の発達障害 家庭に対するBC州政府出資プログラムとサービス説明会」が大々的に、バンクーバー日本国総領事館にて行われました。 この説明会をきっかけに、「日加ヘルスケア協会」理事の方々のお声かけで、アドバイザーや専門家が集結し、「日系サポートグループ」が誕生。その後、独立させていただき、2012年、私共「First Step」の発足に至った次第です。

 

2015年、BC州の主な障害者福祉団体「DDA(Developmental Disabilities Association)」の傘下に正式に入ることになりました!スポンサーがついてくださった事で、これからマスマスご家族のニーズに応えられる活動をさせていただけるように頑張って行きたいと思っています。

 

  

【Activities---過去~現在までの活動】

 2015年

 2013年~2014年

 2011年~2012年

 2009年~2010年

 

 

【Board Members---役員】

♣ 自閉症児のママ 

 障害児教育に携わる専門家3名

 バーンズ ちぐさ (Chigusa Barnes)--代表

 

 

【Contact---問合せ】

 First Stepやイベントに関するお問合せは、こちらの Email  

 それ以外のご相談&問合せは、こちらの Email からお気軽に! ヽ(^o^)丿 


 

 

 

発達障害児/者をもつ家族の日系サポートグループ  "First Step"        NEW イベント紹介!

 

発達障害児/者のための

作業療法(Occupational Therapy) についての講演会

 

ごはんを上手く食べられない、じっとしていられない、寝つきが悪い、など発達障害を持つお子さんの問題行動にお悩みではありませんか?
例えば、髪の毛を自分で洗えないお子さん。

その理由は、「顔に水がかかるのが嫌」「手順が分からない」「ただやりたくない」だけではないかもしれません。

もしかしたら、光や音などに対する感覚の過敏さ、手先の不器用さ、

または腕を上手くあげられない筋肉や運動能力の未熟さなどが原因かもしれません。

感覚や運動能力などの視点から子供の問題行動を引き起こしている原因を見極め、アプローチする専門家が作業療法士(Occupational Therapist:OT・オキュペーショナルセラピスト)です。今回の講演会は、自閉症や発達障がいを持つ子どもたちの問題行動に対しどのようにアプローチし解消させていくのかを中心に、グレータ―バンクーバーで活躍中の作業療法士にお話を伺います。

 

講演会後、参加自由のお茶会では同じように悩んでおられる親の方々や先輩ママとの出会いの場になればと願っています。 どうぞご参加ください!!

無事に開催終了いたしました!

 

講師のライ・ブライアン先生から、お話しいただきました。ご参加下さいましたみなさま、後援をいただいた 「在バンクーバー日本国総領事館」様 、会場をお貸しいただいたスポンサーのDDA様、今回も、本当にありがとうございました。 当日の模様&詳細は、「たんぽっぽ公式ブログ」に記載していますので、ご覧ください。