遊びながら感情を学べる、「Build-A-Robot」

表情が読み取れない。他人に対して興味をもたない。そもそも本人に喜怒哀楽の感情表現が見受けられない自閉症。「Build-A-Robot」は、そんな自閉症をもつ子供たちのために作られたおもちゃ。喜怒哀楽それぞれがデザインされた頭部のパーツを取り換えることができ、嬉しいとき、悲しいとき、怒ったとき、驚いたときに、その感情をどうやって相手に伝えるかを教えてくれます。

 

 続きは、当サイト「おすすめ・教材」をご覧ください。