米国で自閉症の少年に暴力をふるう18歳の少年を捉えた動画が抗議を呼ぶ【USA】

WPBF 25 Newsによると、自閉症の16歳の少年アーロンさんは、パーティーに出席し、お酒を飲みすぎて眠ってしまった。その後アーロンさんは起こされ、外へ出て 誰かと喧嘩をしろと言われたが、アーロンさんは断った。その時、18歳のアンドリュー·ウィーラー少年が近づき、アーロンさんに暴力を振るった。

アーロンさんが警察に提出した被害届けによると、ウィーラー少年はアーロンさんが意識を失うまで息を止めさせた。なお意識が戻った時、パーティーに参加し ていた人たちがアーロンさんたちを囲んで笑っていたという。またアーロンさんによると、ウィーラー少年はアーロンさんの喉にナイフをつき付け、立ち去るよ うに命じた。
   

アーロンさんはその後、近隣の通りで横たわっているところを警察に発見された。米国のインターネットユーザーたちは、アーロンさんに励ましの言葉をおくり、今回の事件に怒りを表した。Rox O'Haraさんは、「私がこの世界を信じることができないのも納得できる。これほど残酷なことをできる人がいるのだろうか? 涙が浮かんでくる」と書き込んだ。



【News Source:2014.8.16 WPBF 25 News